あすくら利用者からお便りが届きました

あすからのくらし相談室・宮古(あすくら・宮古)の支援を利用し,岩手県内で自立した生活を歩み出した宮古市出身30代の男性Aさんからお便りが届きました。ご本人の承諾を得て,皆さんにご紹介します。


ご無沙汰しております。
あの時は大変お世話になりました。
宮古に帰ってもなかなか寄ることもできずすみません。

毎日、忙しい日々を送りながらも食事はしっかり食べております。会社の社宅で暮らしていた時は、不安と焦りが混ざり仕事から戻るととめどなく泣いてしまうこともありました。

就職がきまり、母を一人宮古に置くことへの罪悪感と後悔の連続でした。こっちに来てから,あすくらと同じような支援者の皆さんと出会い、相談にのっていただいております。
今回、住居の問題で民生委員さんや社会福祉協議会の職員さんに温かい言葉をかけていただき、それを励みに頑張っております。

ハローワークで何気なく見たポスターを見て、相談に行くまで結構の時間がかかったけど、行って相談に乗ってくれた相談員さんには言葉では言えないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。母もとても感謝しております。
従兄弟や小学校の同級生も今回の件をとても理解してくれてて、電話やメールでいつも励ましてくれます。

まだ歩き始めた俺ですが、また遊びに行きたいと思いますので宜しくお願いします。
あと何もないとは思いますが、もし連絡がありましたら母のことも宜しくお願いします。 

宮古と違ってこちらは寒いので無理のないように頑張って生活していきたいと思います。 

長くなりましたが、あすくらに相談して本当に良かったです。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


【Aさんを担当した,くらしのサポーター(相談支援員)から】
お便りありがとうございました。初めて相談に来られた時は万事休すといった表情でした。でも,早く生活の立て直しをして,お母様を守りたいといった気持ちが強く伝わりました。

私達はできる限りのご協力をさせていただきたいと思っておりますが,短い期間でよい方向に進んだのは,何と言ってもご本人の生活再建の強い気持ちがあったからこそです。

私達も関わりを持たせていただいたことをうれしく思っています。お時間が取れるときはどうぞお立ち寄りください。近況が聞けることを楽しみにしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です