あすくら学校【2015年6月】を開催しました

2015年6月16日に盛岡市茶畑のれむり庵であすくら学校を開催しました。

あすくら学校では、「学びとともに生きる学級-あすからのデザイン講座」として、幸せに生きるヒントを全国の先進事例などから学びます。

 

第1回目となる今回は、各地に広がる「共生(ともい)きコミュニティ」~未来にやさしい持続可能な暮し方というタイトルで、講師はEnowa(笑の輪)ネットワーク日本エコビレッジ推進プロジェクトの林悦子さんでした。

 

「共生(ともい)きコミュニティ」とは、食・住・お金が循環する人と自然にやさしい「持続可能な暮し」を目指すコミュニティで、①地域のコミュニティ(トランジョンタウン等)と、②新たにつくるコミュニティ(エコビレッジ等)と二つのタイプがあります。

 

講師の林さんからは,国内外のコミュニティを紹介していただきました。災害等あっても生きていけるつながりを地域やコミュニティで創っていく生き方を学びました。

 

現在は、多くの人が現金に頼る生き方をしていると思われます。今回のあすくら学校では現金に過度に依存せず、助け合って支えあう新しい生き方を学ぶことができました。

 

次回のあすくら学校は,2015年7月15日に行います。詳しくは,こちらをご覧ください。

 

また,あすくら学校については,こちらのページもご参照ください。

untitled

untitled

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です