あすくら学校【2015年9月】を開催しました

2015年9月25日に盛岡市茶畑のれむり庵であすくら学校を開催しました。

 

第4回目のタイトルは「お金のいらない国 落語会」です。今回はあすくら学校初の落語会です。会場のれむり庵には高座を設けました。

 

講師は「お金のいらない国」著者の長島龍人さんです。

落語は「お金と仕事」「結婚と家族」をテーマにした二席でした。

 

 お金とは人間が作った道具で、生活を便利にするために作られた物です。確かに便利になったかもしれませんが、みんなが幸せになっていると言えるでしょうか。

 お金のない社会だったら、人はどんな暮らしをしたいと思うでしょうか。

 

 あるひとりのサラリーマンの男が、いつも通りに出勤しようとしていたら・・・

知らない世界に迷い込んでしまいました。そこは、国境もなければお金もない世界でした。

お金のない国でも、みんなは仕事をしています。

誰かに喜んでもらえることを仕事にしています。また、所有によって人と差がつかないので、必要な物を必要な時に、必要なだけ使いながら暮らしています。

 

 また、この世界は結婚という手続きがない社会でもありました。何の決まりもなく自由なので、結婚制度のように一人のパートナーに決める必要はありません。

 

落語の他にジョンレノンの「イマジン」のメロディーでの弾き語りもありました。

自分が「こうしたい」と思うことを想像すること。想像することが実現に近づける・・・

あすからのくらしに活かしていきたいですね。

 

長島龍人さんのホームページ

www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です