「いわての若者くらし仕事支援事業」をはじめます

当法人ほか,3法人が構成員となって,このたび,「いわての若者くらし仕事支援機構」(チーム!わかくら)を設立しました。

当機構は,社会的養護又は援護を必要としている若者の存在とそれに対する支援の充実が社会課題となっている現状を踏まえ,標記事業を実施することを通じて,生きづらさを抱えた若者の最善の利益を確保するとともに,社会課題の解決を図ることを目的として活動してまいります。

標記事業の内容は,①生活相談支援事業,②就業支援事業,③交流・住居支援事業となり,2016年6月27日から順次,事業を開始します。

なお,各事業は無料で利用できます。(シェルター・居所提供は有料(実費)の予定です。)

相談を呼びかけるチラシはこちらです。

困っている若者を支えるサポーターも募集しています。



 
「いわての若者くらし仕事支援事業」実施要綱

2016.6.14

いわての若者くらし仕事支援機構(チーム!わかくら)

1 目的・趣旨

現在,社会課題となっている,児童養護施設等を退所した若者や学校を中退した若者たちをはじめ,社会的養護又は援護を必要としている若者の存在とそれに対する支援の充実を図るため,岩手県内で生活・就労支援を行う団体及び地域資源が協働し,この取り組みを強化・充実することを通じて,生きづらさを抱えた若者の最善の利益を確保するとともに,社会課題の解決を図ることを目的とする。

 

2 実施主体

いわての若者くらし仕事支援機構 (愛称「チーム!わかくら」)

■構成団体

・NPO法人いわてパノラマ福祉館 (理事長 高舘美保子)

・NPO法人くらしのサポーターズ【事務局】 (理事長 松本良啓)

・一般社団法人アースメイト (代表理事 吉田光晴)

 3 対象者

  ・児童養護施設等を退所し,自立生活を目指す若者等

  ・その他,社会的養護又は援護を必要としている若者

 

4 事業内容

以下の事業は,各児童養護施設,各児童相談所,各市町村子ども支援部局,生活困窮者自立相談支援機関,協力企業・団体等と緊密な連携を図りながら,慈善団体の寄付により運営する「子どもの未来を応援する事業」と一体的に実施することとする。

(1) 生活相談支援事業

若者が抱える生活上の不安や悩み等の相談に応じ,必要に応じて他機関等と連携して対応する等必要な支援を行う。(児童養護施設,児童相談所等との連絡調整を含む。)

 (2) 就業支援事業

生活技能の習得,職場体験等就労準備,就労継続及び就業・求職上の問題解決等の支援を行い,必要に応じて他機関等との連携及び就労先の開拓等を行う。

 (3) 交流・住居支援事業

若者同士の交流の場,自助グループの育成,一時的生活場所(シェルター)あるいは中・長期的居所の提供及び恒久的居所(アパート,グループホーム等)確保支援等を行う。

 

5 役割分担

実施主体の既存の活動を基盤に,原則として以下の役割分担により事業を実施する。

(1)生活相談支援事業   NPO法人くらしのサポーターズ

(2)就業支援事業      NPO法人いわてパノラマ福祉館

(3)交流・住居支援事業  一般社団法人アースメイト

 

6 実施スケジュール

この事業は,2016年6月27日から,各事業内容について,5の役割分担に従い,実施できる範囲で実施する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>