よくある質問

○どんな相談が出来ますか?

→自分らしく,自由に,幸せに生きていきたい。気持ちが楽になり,穏やかに生きていきたい。そういうことを目指す方の相談を受け付けます。

聴き手は,男性の社会福祉士です。相談は原則予約制で無料。電話又は面談でお受けします。秘密厳守します。

 

【相談例】 自由に生きたい。自分らしく生きたい。心が苦しい。心穏やかにくらしたい。気持ちが楽になりたい。イライラが多い。家族が不和。人間関係が苦しい など。


○どんな人が相談できますか?

→どなたでも相談できます。


○いつどこで相談ができますか?

→火曜日の14時から16時まで、あすからのくらし相談室・盛岡で電話又は面談で受け付けております。電話019-601-7077。(不在の場合は,留守番電話にお名前・連絡先を録音ください。手が空き次第,折り返し電話します。)また、電子メールでも相談の予約をすることができます。こちらのフォームをご利用ください。

 


○相談の予約は必要ですか?

→原則,電話等で予約をお願いします。


○費用はかかりますか?

→あすからのくらし相談室・盛岡が行う相談支援には費用はかかりません。


○相談に乗ってくれるのはどんな人ですか?

→男性の社会福祉士が相談に応じます。


○秘密は守られますか?

→あすからのくらし相談室・盛岡で話したことは、あなたの承諾なしに外部に漏れることはありません。


○あすくら・盛岡では,ほかにどんな活動をしていますか?

→あすくら・盛岡では,自分らしく,自由に,幸せに生きていきたい。気持ちが楽になり,穏やかに生きていきたい。そういうことを目指す方の相談のほか,以下のような方針のもと,活動を行っています。

 ★基本方針

自分らしく生きるための相談支援を行い,もって社会的包摂の実現を目指しています。

・相談支援の要諦を,外形的ニーズへの対応(対症療法的)から,内面的課題・欲求へのアプローチ(根源治癒的)へ移行します。

・その人の心を重視し,その人が,人らしく自由に,幸せに,そして,その人らしく生きていくためのソーシャル・ワークを行います。 

1 相談支援活動

・自分らしく生きるための相談支援(その方の内面に焦点を当てたソーシャル・ワーク)

・各相談支援機関等からの相談(スーパーバイズの提供)

・住宅確保支援等緊急性のある相談支援

・これまでの相談支援対象者からの継続相談支援

*生活困窮に係る相談は,各地の「生活困窮者自立支援相談窓口」をご利用ください。

2 生きやすい地域づくり活動

・セミナーの開催  ・あすくら つながるサロン活動  ・出前講座活動 ・フードバンク,ぐるぐるマーケット活動  ・もりおかシェルター試行活動

3 その他の活動

・ネットワークへの参画等